BLOG

日常や作品などを記録するブログ

青信号と蛙の声 #2

スポンサーリンク

cnoace.hatenablog.com

 

 風呂上がりに、冷蔵庫から缶ビールを取り出し、プシュっとやって、グビっとやる、この瞬間がサユミにとって至福のひと時であった。別にそれがビールでなくとも、牛乳だろうとお茶だろうと、グビっとやれればよかった。
 軟骨の唐揚げはすっかりしなしなになっていたが、歯応えさえあるなら、それもサユミにとってはどうでもよかった。
 静かな夜だった。
「明日は休み。明後日も。その次もその次も」
 ビールに手を伸ばし、無意識にぼそっと呟いた。「死んでるみたい」
「それ、僕の前で言いますか?」
 わっ! 驚いて膝を机にぶつけると、あっという間に唐揚げがビール漬けになった。
「まだいたの!?」
「大丈夫ですよ、ちゃんとここにいました。お風呂場から音は聞こえてきましたが、どうやら水場には近づけないみたいなんです」
「そんな心配はしてないの。あなた本当に死んでる?」そんなこと考えられるくらいなら、死んだほうが、余計なしがらみもなくて楽しいかもしれないね。サユミは真面目な顔で言った。
 男の話は夜中まで続いた。「後で聞くって言ったじゃないですか。約束は守るためにあるものです。それは死んでも変わりませんよ」
 たかだか死人歴一日の男にそんなことを言われる筋合いはない。
「私はそんなの守らないの。死んだら終わり」
「そんなこともないみたいですよ。知ってますか?」
 男は、いかにもこれから真剣な話をしますよとでもいう風な顔付き、をしているだろう声で言った。
「死神って、いるんですよ」
「死神? そりゃあいるでしょ」
「え!」
 サユミの思いがけない返事に、男は驚いた。
「死神ですよ? そんなのいるわけないじゃないですか、普通は! 普通はですよ? でもいるんですよ!これって不思議じゃないですか?」わかったわかった、約束は守らなきゃね。サユミは男の話を聞くことにした。
「まあいいけど、どうして死神がいると思ったわけ?」
「見たんですよ」
 待ってましたとばかりに、男は得意げに話し始めた。
「僕、今日死んだじゃないですか」
「死んだね。数時間前に。交通事故で」
 やっぱり本当に死んだんですね、男はうなだれながら続ける。
「死んだ時にね、見たんですよ。正確には死ぬ前ですけど。黒い影、視界の端っこに、黒い影が見えたんです。それで何だろうと思って目をそっちにやったら」バーンですよ、男はその時のことを思い出してまた泣き出しそうになった。
「痛かったなあ」
「かわいそうに」
「思ってないですよね、それ」
「いいから続けて」
「終わりです」
「え!」
 今度は、男の思いがけない返事にサユミが驚いた。
「それだけ?」
「それだけですよ。すごくないですか?」
「あなた、死んで正解だったかも」どういう意味ですか? サユミは男の言葉は無視して横になり、布団にくるまると、静かに言った。
「ねえ、私、あなたと普通に話してるの、不思議じゃない?」
「僕、今日死んだばかりなものですから何が不思議で何が思議だか」
「まあ、そうだよね。私、初めてじゃないの。あなたに話しかけられた時、全然驚かなかったでしょ。お化けの友達、たくさんいるんだ」