BLOG

日常や作品などを記録するブログ

漢検10級レベルに悩む

スポンサーリンク

実家には、一度も開いたことのないような本がたくさんある。

僕のために買われた参考書や辞典も多い。

 

先日見つけた一冊。

中学生向け教材の「昇級式漢字トレーニング」だ。

 

なんかもったいないし、20代後半に入ってから勉強欲がすごいので、手をつけてみた。

今日は10級、小学校一年配当の漢字(80字)だ。

 

別表 学年別漢字配当表:文部科学省

 

f:id:cnoace:20170819192654p:plain

 

もちろん読めない漢字はなかったし、すらすら出来たんだけど、

お恥ずかしながら間違えてしまったり、知らない言葉が出てきたりして、部屋の中で一人、お恥ずかし体操第一(自作)を踊ることになってしまった。

 

以下、僕のお恥ずかし戦歴である。

 

  • の勢いで進む
    読めたけど、「破竹」って言葉を知らなかった。使わずに生きてこれたもんだから。

  • なわとびを回する
    「じっ」が正しいのはわかっているけど、「じゅっ」でもいいと思ってた。実際のところはどうなんだろう。後者で書いたら間違いなのかな。

  • ぎょくせき混交の作品展だ
    書けたし意味も想像出来たけど、言葉も意味も知らなかった。一年生の時にこんなの知ってたかな。しかし意味のわかったところで失礼な例文だ。

  • まるい輪を作る
    これ、間違えてしまった。お恥ずかしい。
    球形のものには「丸」、円形のものには「円」なので後者が正解。

 

という感じであらためてやってみると発見があって面白い。

一段階、頭が良くなった気分だ。クイズ番組でインテリチームに入りたい。 

 

大人でも「右」と「左」の書き順を間違えている人は多く、僕はけっこうそういうところには注意しているつもりだったけど、「土」と「上」の書き順は同じだと思っていたのに、これが違うと知ってやっちまったという感じ。

 

これから、字はどんどん必要なくなっていくと思うけど、

趣味の一つとして、楽しんでいければと思う。

 

最後に、「玉」という漢字もこれらの中に入っているわけだけど、球体の意味を持つ「球」と違って、「玉」は本来、丸いものではなく宝石や価値のあるものなどの意味を持つ。

 

だからキンタマは金玉なんだね。

うん、ホームラン。もしくはツーボール。

 

f:id:cnoace:20170715200116p:plain